現金化ってどれぐらいあるの?

- 現金化ってどれぐらいあるの?

現金化ってどれぐらいあるの?

クレジットカード現金化は、換金方法によって、分類する事が出来ます。
では、その種類について紹介します。

クレジットカード現金化の種類

まずもっとも多い換金方法は、キャッシュバックです。
キャッシュバックとは、業者が指定した商品をクレジットカードで決済し、商品を購入した特典として、現金がキャッシュバックとして、銀行振込される方法の事です。
商品自体に価値はほとんどありませんが、事前に換金率が決められていて、特典のキャッシュバック目当てで商品を購入するわけです。
あくまでも、キャッシュバックは景品という扱いになるため、貸金業に該当せずに、違法行為にはならないという訳です。
ですが、2011年以降に数社の業者は、キャッシュバック方式で摘発されたため、最近は摘発を防ぐため、購入する商品を、オリジナル商品で商品価値が判断しずらいモノを扱う業者が増えています。

商品買取による現金化

クレジットカード現金化では、キャッシュバック方式が主流になる前は、商品買取による現金化が一般的でした。
これは、クレジットカードで換金性の高い商品を購入し、その商品を転売するという方法です。
例えば、切手、商品券、金券、ブランド品などを購入し、金券ショップで買取してもらう方法です。
この方法は手間がかかりますし、また換金率は金券ショップによってバラつきがあります。
ですが、この商品買取のメリットは、クレジットカード会社にバレてクレジットカードの利用停止になる可能性がないという点です。
他にも実物の商品だと集め位に手間がかかるため、アマゾンのギフト券のように、ネットでやり取りが完結できる商品も人気があります。
現在はもうほとんど行われていない方法ですが、以前は、クレジットカードで商品を購入し、その後キャンセルをする事で、返金してもらい、現金を手に入れる方法もありました。ですがこの方法は法的に問題が発生したのか、この方法を行っている業者は見当たらなくなりました。
このように、クレジットカードの現金化も時代の変化に合わせて、少しづつ内容が変化し、より時代に合った新しい方法が誕生しているのです。

▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 業者選びは慎重に!クレジットカード現金化で失敗しない為に All Rights Reserved.