法人向けクレジットカード現金化

- 法人向けクレジットカード現金化

法人向けクレジットカード現金化

アベノミクスの影響を受けて、景気が良くなったのは、一部の大手企業だけです。
中小企業が相変わらず、景気が悪い状態で、経営者は資金繰りが大変な状況です。
しかし、銀行の融資など審査が厳しく、資金繰りに困った時にお勧めしたい方法が法人向けのクレジットカード現金化なのです。
では、法人向けの場合、個人向けとはどのように違うのか、紹介していきます。

法人向けのクレジットカード現金化とは

法人向けと個人向けで何が1番違うのかというと、クレジットカードの種類です。
法人名義のクレジットカードのショッピング枠を利用して、現金を得るわけですが、法人名義の方がショッピング枠の限度額が個人よりも大きいのです。そのため、クレジットカードの現金化の上限が個人であれば、10万円とか50万円になりますが、法人名義であれば、まとまった金額の現金を手に入れる事が可能です。
1度でも利用した事がある人は分かると思いますが、換金率は金額が大きくなれば大きくなるほど高くなる傾向があります。
そのため、かなり高い換金率で、取引を行う事が出来るでしょう。

法人向けクレジットカード現金化がセーフティネットとなる

もちろん、クレジットカードを現金化するという行為は、グレーゾーンな行為であり、褒められたものではありません。
ですが、資金繰りが滞ってしまい、1度でも不渡りを出してしまえば、会社は倒産してしまう可能性があります。
ここを今乗り切れば、なんとかなるかもしれない。
そんな時には、手段を選んでいられませんよね。
また返済方法も、消費者金融のように、高い利息を支払う必要はありません。
あくまでもショッピング枠での、分割の支払い方法につく利息ですから、小さな負担で会社が助かる。
経営者としては、セーフティネットとして、いざという時に街金などのリスクが高い金貸し業に手を出してしまうよりも、安全な法人向けクレジットカードの現金化を利用する事をお勧めします。
業者を選ぶ際に、必ず、法人向けのクレジットカードの取り扱いがあるか、事前に確認をして下さいね。

  « 前の記事: を読む  
▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 業者選びは慎重に!クレジットカード現金化で失敗しない為に All Rights Reserved.