店舗型のクレジットカード現金化

- 店舗型のクレジットカード現金化

店舗型のクレジットカード現金化

クレジットカード現金化と言えば、現在はネットによる無店舗型が主流となっています。
しかし、店舗型も存在し、店舗型と無店舗型とでは、どう違うのか、店舗型のメリットとデメリットについて紹介します。

店舗型のメリットについて

クレジットカード現金化を行う時に、店舗型を探すのは地方では難しいですが、都心部では店舗型が決行存在しています。
店舗型のメリットは、業者の顔が見えるという点に尽きます。
やはりグレーゾーンな行為となるので、悪質業者の存在を無視する事が出来ません。
ですが悪質業者は、足がつかないようにと、無店舗型でしか運営を行っていません。
そのため、店舗が実在しているだけで、悪質業者ではないという安心感があります。
また初めて利用する人は、疑問や不安があるかもしれません。
店舗型であれば、直接その場で丁寧に説明をしてくれるので、疑問や不安が解消されます。
そして何よりも、その場で商品を購入し、現金を受け取る事が可能です。
換金率も80%と、ネットの換金率の相場と同レベルの水準です。
クレジットカードの決済だけして、銀行にお金が振り込まれないなんて、悪質業者の手口に引っかかる心配がないのが嬉しいですよね。

店舗型のデメリットについて

ただし、店舗型にもデメリットはあります。
それは、いくら店舗が自宅の近くにあるといっても、店舗まで足を運ぶのは手間ですし、時間がかかってしまいます。
お金を借りるところは知り合いに見られたくない人が大半でしょうから、店舗に入る際に人目も気になってしまいます。
また、店舗型には営業時間が存在するため、無店舗型のように、24時間365日対応してもらえるわけではありません。
このように、店舗型と無店舗型のメリット、デメリットを把握した上で、どちらを利用するのか決めるといいでしょう。
個人的にお勧めなのは、店舗型も無店舗型もどちらにも対応している業者を選べば、どちらのメリットも得る事が出来るのではないでしょうか?

▲PAGE TOP
Copyright(C)2017 業者選びは慎重に!クレジットカード現金化で失敗しない為に All Rights Reserved.